子どもの歯並びが気になる人は歯医者へ相談

歯並びを良くするためにやるべきこと

歯列矯正は長期戦

戦後の高度経済成長に伴い、様々な物が欧米から日本に入ってきました。 元々、米が主食で根菜類や魚、納豆や漬物などの発酵食品というおかずを食してきた日本人ですが、戦後から現代まで、食生活はかなり変化してきたと言えるでしょう。 具体的にどういった影響があるのか、詳しく説明していきたいと思います。

普段の姿勢を見直してみる

歯並びと姿勢が関係しているとはあまり考えたことがないかもしれませんが、この2つは実は密接な関係があります。 これもおそらく畳からフローリング、座布団から椅子に生活スタイルが変化してきたことも関係あると思います。 どのように関係しているのか、詳しく説明していきたいと思います。

とりあえず専門家の意見を聞く

子供の歯並びが悪い、どうしたら良いのか悩むかもしれませんが専門家の知識にかなうものはありませんので、まずは歯科医院に行くことをお勧めします。 日頃からかかりつけの歯科医院に定期的に通い、話しやすい関係を築くことも大切です。大切なお子さんの将来がかかっていますので、慎重に考えていきましょう。

食の欧米化による弊害

歯列矯正と言われて、歯に金具をとりつけていた子がいたな、と思い浮かべる方は少なくないと思います。
小学校中学年あたりから子供の歯列矯正を始めるお母様達が多いのですが、理由としては大体その辺りから大人の歯が増え始めてお子さんの歯並びが気になるお母様達が多いからです。特に女の子は歯並びが悪いことを気にする子が多いので、綺麗な歯並びになれるように頑張って歯科医院に来院します。
歯列矯正は、矯正歯科専門の先生が担当し、その助手も必ず歯科衛生士が担当します。歯科助手は、矯正治療に関してはノータッチなことが多いです。
それだけ歯列矯正はかなりの専門知識が必要になります。何しろ全ての歯が正しい位置に生えてくるようにするわけですから、普通の歯科治療とはまた違った難しさがあるのです。治療期間も最低1年半から2年は見ておいた方が良いと思います。
矯正器具も、矯正治療中は常につけていなければならないので、衛生面にもかなり気を使わなければなりません。矯正器具は取り外し自由ではありませんし、そこまで丈夫なものでもないので、誰かと正面衝突したりすると少しひやっとします。吹奏楽部でフルートを希望していたのに矯正器具をつけていたので他の楽器にさせられた子もいました。マウスピースが歯に当たるのでどうしても吹きづらいという理由でしたが、その子は悔しそうだったことを今でも覚えています。
学校生活を送るうえで少なからずの障害を抱えてしまう歯列矯正ですが、それでも歯並びが悪いと将来的に心配だという親の説得に負け、しぶしぶ矯正を受ける子も少なくないと思います。確かに歯の健康上において、歯並びは非常に重要な要素なので、そう考えても仕方がないといえます。
しかし歯並びが悪いと必ず歯列矯正を受けなければならないわけではないので、まずはかかりつけの歯科医に相談して、お子さんにとって最良の治療をすることが大切だと思います。

おすすめリンク

根管治療はいくらかかる?

根管治療にかかる費用とはいったい?経験者から聞いた気になる治療学をご提示していきます。